大阪NPOセンター

受賞団体

CSOアワード2019受賞団体決定!

社会貢献型ビジネスの先進事例を表彰
「CSOアワード2019」
受賞団体決定!!!

CSOアワード2019

1.趣旨

CSOアワードは、社会的課題を先取りした「事業計画(ソーシャルビジネスプラン)」と社会的課題を深掘りして取り組んでいる団体を表彰します。CSOアワードを通じて新たな価値を社会に発信していくことによって、更なる共感や感動を生み出し、人や社会を動かし、笑顔あふれ、活力ある市民社会の実現を目指します。
今回、新たに社会課題の解決に取り組むアイデアを表彰する部門として「先取り部門」、課題解決の手法や実績を表彰する部門として「深掘り部門」を設置いたしました。選考にあたっては、経営者、学識経験者、金融機関等のメンバーで形成された選考委員会において、部門ごとに定められた選考基準をもとに総合的に評価します。

2.CSOアワードとは

大阪NPOセンターでは、市民自身が新たな「社会の担い手」として、その志をもとに社会の課題に向き合い、相互理解や協力などのパートナーシップを構築しながら、人々が豊かに暮らせる社会(市民社会)の実現をめざしています。その市民社会を支える担い手として、社会課題や社会の利益について議論、研究し、行動する
CSO(市民社会組織)という概念を2006年に提唱し、CSOを支援してまいりました。
大阪NPOセンターはCSO支援として、2つの顕彰事業「ソーシャルビジネスプランコンペ」と「CSOアワード」を実施しております。
ソーシャルビジネスプランコンペでは、社会課題の解決を目的とした、先進的で事業性と社会性を両立させた事業計画(ソーシャルビジネスプラン)を、CSOアワードでは、社会課題の解決を目的として実施してきた団体を表彰してきました。
大阪NPOセンターは、このような2つの顕彰事業を通じてCSOの持つ、「社会課題を先取りする力」、そして「社会課題を深掘りする力」を評価、表彰してきましたが、本年、ソーシャルビジネスプランコンペとCSOアワードを「新たなCSOアワード」として実施することにしました。
新たなCSOアワードでは、①社会課題を先取り、深掘りしている取組みを発掘し、②その先取り、深掘りした取組みがどのような新たな価値を生み出しているのかを評価し、そこから③CSOの取り組みの重要性や、社会のあるべき方向性について、CSOアワードを通じて社会へ発信していきます。
そして、受賞後も大阪NPOセンターの自主事業である北浜サロン、“志”民ファンド、各種支援事業を通じて、事業や団体のさらなる成長をサポートします。

3.結果

魅力的な取り組みが多数寄せられた中、書類審査において選考された18者で二次選考となるプレゼンテーション選考を通過した12者による最終選考(公開プレゼンテーション)を11月17日に実施し、審査を経て表彰先を「グランプリ」2者、「準グランプリ」4者、「ホープ賞」6者、「オーディエンス賞」1者、大阪青年会議所賞、大阪ロータリークラブ賞、大阪市長賞について以下のとおり、決定しました。

CSOアワード2019受賞団体(敬称略)

深掘り部門

グランプリ

団体名

株式会社シーアイ・パートナーズ

代表者名

代表取締役 家住 教志

事 業

障がい者の収入を上げるための就労支援 すたぁりっとサービスを展開

事業の概要と受賞理由

障がい福祉サービス(就労継続支援B型)にて、収益マンションの共用部・テナントビルの清掃を実施する施設を運営。
依頼先企業との契約、サービス提供方法を工夫することで、施設で働く障がいのある方に負荷をかけずにパフォーマンスを発揮できる仕組みを構築。納期に追われず、天候による収入の変動をなくすことにも成功。
また、4段階の職位を設け、明確な評価制度をしくことで、それぞれの状況やステージに合わせたお仕事が可能となりました。そして更にキャリアアップ(弊社施設より先の進路)できる制度を設け、施設から広い社会へと進むことが出来るサービスを提供しております。
企業との強力なリレーションにより、潤沢な仕事を確保。生活基盤となる収入を得ながら、未来へと繋がるサービスを展開している。
事業性はもとより、ビジネスモデルの「改善」「ブラッシュアップ」など成功している点が高く、事業を進めていく上での実践力を高く評価し、大賞といたしました。

準グランプリ

団体名

特定非営利活動法人おてらおやつクラブ

代表者名
代表理事 松島 靖朗
事 業

おすそわけ事業

事業の概要

おそなえ、おさがり、おすそわけ。
いま日本国内では、子どもの7人に1人が貧困状態にあると言われています。一日一食の食事に困る子どもたちがいる一方で、お寺にはたくさんの食べ物がお供えされます。活動趣旨に賛同するお寺と、子どもやひとり親家庭を支援する地域の団体をつなげ、お菓子や果物、食品や日用品を届けています。
当事業は、物資の支援にとどまらず、苦しむ人々の状況を想像し、お寺が社会に対してなにができるかを問いかけ、僧侶が地域住民とともに模索しながら行動する「慈悲の実践」活動をしている。

団体名

特定非営利活動法人暮らしづくりネットワーク北芝

代表者名
代表理事 埋橋 伸夫
事 業

企業と連携した多世代型仕事づくり事業

事業の概要

高齢者と女性を主な対象に、部屋の中でできる手仕事を中心に就労の場として事業を実施している。この事業の特徴は、「出入り自由」で「自分の都合の良いときに都合の良い時間だけ働く」ことができる点である。作業内容は、企業(株式会社アーバンリサーチ)から委託を受けている商品(ポーチ)づくりの縫製作業など、内職作業が中心である。報酬は時給制ではなく単価制にしており、自分のペースで作業に取り組むことが出来る。「仕事を人に合わせる」のではなく、「人に仕事を合わせる」ために、作業工程を細かく分解し、それぞれの得意・不得意にあわせた作業内容を用意している。また、働く機会としてだけでなく、居場所としての機能、生活相談と組み合わせることで利用者の収入の安定に加えて、生活課題の早期発見、社会的孤立を防止することにつながっている。

ホープ賞

団体名

一般社団法人 codomotoままちっち

代表者名

代表理事 林 静香

事 業
地域とつながって子育てを・子育て期スキルアッププロジェクト
事業の概要

・地域の子育て情報を発信するフリーペーパー「ままちっち」:先輩・当事者視点による地域に密着した紙面づくり
・地域の子育て情報を発信するポータルサイト「codomoto.jp」:官民に問わず広く地域の子育て情報を発信
・子育て支援拠点「ふらっとひろばままちっち」:親子で遊べる・交流できる場・相談できる場として平日5日間開放
・子連れで参加できるイベントの運営:拠点である「ふらっとひろば ままちっち」や、地域の大型ショッピングセンターでのイベントを企画・運営。親子同士の出会いの場、地域の方との出会いの場を提供
・子連れで参加できるボランティア・仕事の提供:ままちっちの編集や取材活動、地域企業との協働案件等、ママたちのスキルを活かす場、スキルアップ・社会とつながる機会を創出

団体名

ママコミュ!ドットコム

代表者名

代表 出水 眞由美

事 業

子どもが主役!未来志向の防災を学ぼう! U-15のための防災ワークショップ

事業の概要

子どもの関心や理解に応じて自由に選択し受講できるカリキュラム。
1 防災の基礎知識+実践力+共感力+発信力を育む「ジュニア防災キャプテン認定講座」
・防災の基礎知識を習得  ・仲間と考える場  ・社会への関心の入口 
・災害弱者の存在への気づき  ・自助から共助の意識の醸成 ・防災×アクティブラーニング
2 災害後の生活と「食環境」から、生き抜く力を育てる「おやこ防災クッキング」
・食から災害時をイメージし、考える場  ・平時は食育への理解 
・アレルギー、持病など食制限のある人への気づき、配慮 ・食料備蓄の実践
3 防災の専門家と語り合い、未来の防災を共に考える「プロフェッショナルと考える未来の防災」
・防災の最前線を学ぶ場  ・防災の仕事を知る場 
・専門家と対等に話す場  ・防災×アクティブラーニング  ・未来の自分をイメージする場
普段は校区や地域で活動することの多い子どもたちが、校区や地域を超え【防災でつながる仲間との協働】を通して大阪全体の防災に関心を寄せ、共に学び合い共に助かる関係と環境づくりをしています。

先取り部門

グランプリ

団体名

東京ガレージ

代表者名

代表 よしおか ゆうみ

事 業

よるのがっこう

事業の概要と受賞理由

10代がホンモノの技術や文化・魅力的な大人に出会い、生きた体験の中で新しい文化を創り出す
・家や昼間の学校では出会えない多様な仲間や文化、自分の生き様をもった大人に出会い、価値観や将来の選択肢を広げる。
・多世代・多文化が互いに垣根を超えて尊重し合う、ユニバーサルな空間をつくる。
・伝統技能や技術を体験し、未来的な新しい伝承文化の担い手を創出する。
・外国人家族観光客と同じ場で、深い文化体験を共有し、温かい交流をもつ。
多くの人を巻き込み、事業協力などの多様性が高く、事業を進めていく上での実践力を高く評価し、大賞といたしました。

準グランプリ

団体名

一般社団法人住むーぶ全国協議会

代表者名
代表理事 宮高豪
事 業

 

事業の概要

①高齢者の住環境改善のための引越技術向上と片付け知識の習得の支援
②実施した業務から調査分析した高齢者の生活実態を行政機関と共有し情報提供
③一般住民や介護事業者、引越事業者に住環境改善のための片付けセミナーの実施
④既存の社内検定をバージョンアップさせた検定制度の開発

団体名

株式会社 IC

代表者名
代表取締役 藪中 孝太朗
事 業

みんなで創る教材データベース「Ecommons(イーコモンズ)」

事業の概要

Ecommonsは、教育業界に存在する深刻な課題の解決を目的に、問題データベースと教材制作ツールを統合させた教育者(学校教員、塾・予備校講師、家庭教師、家庭学習時の保護者など)向け教材集約システムです。本システムでは、全ユーザーの活動が、共有される一つのデータベースを創り上げていく。現場教員の英知を結集させた良質な教材デーベースの創出を目指しています。
本システムは原則無料で公開され、様々なタイプの教材を、解答・解答欄・解説と共に、簡単に作り出すことができます。

ホープ賞

団体名

一般社団法人ブレストフォト協会

代表者名

代表理事 石原 明代

事 業
ガン治療中でも社会と繋がりを持ち、生きがいと生活の糧を得られる居場所作り
事業の概要

同じ病気の人がいる・話せる人がいる・生活の糧を得られる・体調に合わせて自由に出勤できる・社会復帰へのリハビリになる、その要件をすべてまとめて運営していくのが「リリチャ・ワークルーム」です。
荷物増えても安心チャーム「リリチャ」の製造及び発送や販売に関わる業務を行っていただきます。
製造工程では下準備工程と最終梱包作業があり、体調や希望に合わせた内容で振り分けて作業していただきます。初回面談時に治療過程や勤務形態の希望を伺い、その後も状況に合わせた勤務形態を更新していきます。2020年に実用新案商品やリリチャ新シリーズの販売も開始予定。現在別途特許申請準備中

団体名

特定非営利活動法人 あわじ寺子屋

代表者名

理事長 大賀 喜子

事 業
不登校・引きこもりの子どもたちのための『若者ひろば』
事業の概要

来所する子どもの特性に合った取り組みをします。毎週1回、午後6時~9時、淡路地域社会福祉会館で実施します。
①居場所事業
②学習支援事業=関係する学校と連携します。
③相談事業=関係する学校と家庭と連携します。
④生活・職場体験事業=地域の人々、地域の企業、淡路本町商店街と連携します。
⑤就労支援事業=ハローワーク、東淀川区役所と連携します。

団体名

あかりバンク

代表者名

代表 橋田 裕司

事 業
ナイトケア(夜間介護)を灯りで変える照明コーディネートセミナー
事業の概要

照明コーディネートセミナーでは、私たち「あかりバンク」がこれまでに実践してきた、介護空間の照明リノベーションをベースにしたノウハウを学んでいただきます。
ポイントは2つ。DIYの仮設方式による間接照明と、手作りのあかりの導入です。これにより夜間のリラックス空間の実現と介護のしやすさを両立させることができます。

団体名

特定非営利活動法人フォロ

代表者名

不登校・ひきこもりオープンスペースによる開放型居場所コーディネート事業

事 業
ガン治療中でも社会と繋がりを持ち、生きがいと生活の糧を得られる居場所作り
事業の概要

フリースクールの活動場所の一部を開き、大人のフリースクール、居場所カフェ、ワークショップ、イベント、研修会、講演会などの企画をマネジメントする。フリースクールの子どもによるものや、若者の居場所に参加している人による催し、地域住民や一般市民による企画など、さまざまな催しを実施し、不登校・ひきこもり関係の多様なニーズに対応しながら、地域や市民にも開かれた居場所づくりを目指す。
(1) 対象者・利用者
当法人の活動趣旨に賛同し、会員になっていただいた人々と、活動を一緒に展開していくという、新しい活動スタイルを模索していく。見込まれる利用者としては、当事者・家族・ボランティア・フリースクールのOB/OG・支援者・関係者などのほか、不登校・ひきこもり、若者の生きづらさ問題に関心がある市民および地域住民など。特に、当法人の近隣で生きづらさを感じて暮らしているが、まだ接点を持てていない人。さらには、ニーズを感じておらず、現時点では無関心な層にも広げていきたい。具体的には、午前:地域の子育て層にとっての居場所、午後:フリースクールに通う子どもが参加できる教室、夕方:若者やフリースクールのOB/OG、一般市民や地域住民が参加できる催し、というように参加者によって、ある程度、時間帯を使い分けることを考える。
(2) 提供する商品やサービス
フリースクールの活動で使用しているスペースの一部をコーディネートした空間を、月~金 10:30~17:00の時間帯、当法人のNPO会員(年会費1万円)・支援会員(一口3千円)・保護者会員(一月3千円)の特典として、催しへの参加者1人あたり2時間300円、その後1時間ごとに100円の利用料で提供する。ただし、フリースクールに通う子どもや、居場所に集う若者が利用する場合は、この限りでない。
(3) 活用する資源
専属コーディネーターを中心として、事業組織の継続性と企画参加の流動性を兼ね備えた、運営委員会方式で事業を展開する。運営会議には、当法人につながる関係者をはじめ、不登校・ひきこもり問題などに関心がある市民および地域住民人など、20歳以上であれば、誰でも参加することができる。企業や、他のNPO団体や地域団体との、連携の場となるような機会も模索したい。

大阪市長賞

団体名

一般社団法人 codomotoままちっち

代表者名

代表理事 林 静香

事 業
地域とつながって子育てを・子育て期スキルアッププロジェクト

大阪青年会議所賞

団体名

株式会社 IC

代表者名

代表取締役 藪中 孝太朗

事 業
みんなで創る教材データベース「Ecommons(イーコモンズ)」

大阪ロータリークラブ賞

団体名

ママコミュ!ドットコム

代表者名

代表 出水 眞由美

事 業
子どもが主役!未来志向の防災を学ぼう! U-15のための防災ワークショップ

オーディエンス賞

団体名

特定非営利活動法人おてらおやつクラブ

代表者名

代表理事 松島 靖朗

事 業
おすそわけ事業
CSOアワード協賛企業一覧