大阪NPOセンター

ソーシャルビジネスについて

対象

社会的課題を解決するために、ビジネスの手法を用いて取り組み、社会性、事業性、革新性を兼ね備えたものです。その組織形態は、任意団体など法人格をもたないもの、株式会社、LLC、LLP、特定非営利活動法人など多様な組織が想定されます。

ソーシャルビジネスとは

様々な社会に存在する課題を正当な対価を得て解決する事業であり、収入を得る経済活動と理想を実現する社会活動とを両立させ、事業を持続させることをソーシャルビジネスとしております。
当センターでは、本事業では、社会課題の解決につながるソーシャルビジネスの事業を応援・表彰し、サポートしております。

ソーシャルビジネス研究会(平成20年4月)は、ソーシャルビジネスを以下のように定義している。

以下の①から③の要件を満たす主体をソーシャルビジネスとして捉える。

  • 社会性:現在解決が求められる社会的課題に取り組むことを事業活動のミッションとすること
  • 事業性:①のミッションをビジネスの形に表し、継続的に事業活動をすすめていくこと
  • 革新性:新しい社会的商品・サービスや、それを提供するための仕組みを開発したり、活用したりすること。また、その活動が社会に広がること通して、新しい社会的価値を創出すること。

(引用元:ソーシャルビジネス研究会報告書,p1)