大阪NPOセンター

イベント情報

2021.01.18

1/26(火)令和3年度WAM助成 オンライン説明会開催!

独立行政法人福祉医療機構(通称:WAM)が、令和3年度の助成公募を開始しました!
(提出期限は2月1日(月)午後5:00 まで)

今回、大阪NPOセンターでは、WAM助成の担当者から助成事業のポイントをご説明いただき、質問・相談ができるオンライン説明会を開催することといたしました。
WAM助成への応募をご検討中の方は、ぜひご参加ください。
「説明会には参加できないが相談したい」という方は、個別にご連絡ください。


【令和3年度WAM助成 オンライン説明会】
日時:2021年1月26日(火)10時~11時30分
開催場所:オンライン(Zoom)
主催:認定NPO法人大阪NPOセンター
(協力)独立行政法人福祉医療機構(WAM)

対象:
WAM助成への応募を考えている方など

内容:
(1)助成金の活用について(約10分)
(2)WAMの助成プログラム担当者から概要説明(約25分)
(3)質疑応答(約30分)
(4)個別相談会(約25分)
*進行時間は見込みです。

申込み:
お申込みフォームから、「WAM助成 オンライン説明会への申込み」と記載いただき、お申し込みください。
*個別相談会での相談をご希望の方は、申込時に併せてご記入ください。


<WAM助成について>

●助成趣旨
社会福祉振興助成事業(WAM助成)は、政策動向や国民ニーズを踏まえ、民間の創意工夫ある活動や地域に密着したきめ細かな活動等に対し助成を行い、高齢者・障害者等が自立した生活を送れるよう、また、子どもたちが健やかに安心して成長できるよう必要な支援を行うことを目的とします。

昨年度実績で全国で136件、総額約6億円の助成が行われています。特に制度のはざまにある福祉的課題を連携や協働によって解決しようとする取り組みを対象としています。

令和3年度の募集では、新型コロナウイルス感染症の影響により拡大した課題・ニーズに対応する事業も対象とします。そのうち、「緊急的な対応が必要なもの」及び「新しい取り組みの創出や既存の仕組み等の変革に対応するもの」に重点を置きます。

また、モデル事業では、社会課題が一層複雑化するなか、これまで民間福祉活動団体が培ってきたノウハウや連携体制をもとに、事業を通じて新たに明らかとなった課題や社会的に認知が進んでいない課題に対応し、国や自治体において政策化・制度化を目指す新たなモデルとなり得る活動を募集します。


●応募要件
社会福祉の振興に寄与する事業を行う、営利を目的としない次の法人又は団体
社会福祉法人、医療法人、公益社団法人、公益財団法人、NPO法人、一般社団法人、一般財団法人、その他社会福祉の振興に寄与する事業を行う法人・団体
(法人格がなくても可能ですが、理事を2人以上、運営規約等の体制が必要)


●助成額
・通常助成事業
(1)地域連携活動支援事業:50万円~700万円
(2)全国的・広域的ネットワーク活動支援事業:50万円~900万円
・モデル事業
(1)地域連携活動支援事業
(2)全国的・広域的ネットワーク活動支援事業
 3年間の合計:3,000万円まで
 2年間の合計:2,000万円まで
*WAMのサイトにて、動画による募集説明もアップされていますので、こちらもご確認ください。


●提出期限
令和3年2月1日(月)午後5時まで


●募集サイト
https://www.wam.go.jp/hp/r3_wamjyosei/


(ご注意)
・本説明会の開催には、オンライン会議ツール「Zoom」を使用します。
ご参加にあたっては、事前にZoomのアカウント、パソコンのマイクとカメラ環境、もしくはスマートフォンをご準備ください。
・当日可能な範囲でスタッフが技術的なサポートは行いますが、参加者側の通信環境・機器の接続不良等につきまして、責任は負いかねますのでご了承下さい。

イベント情報一覧