平成29年度大阪市コミュニティビジネス等促進事業コミュニティビジネスポータルサイト

お知らせ

2017/9/30

【事例】 磯路地域活動協議会を掲載しました。
2017/9/28

【事例】 NPO法人緑・ふれあいの家を掲載しました。
2017/9/26

【事例】 NPO法人西淀川子どもセンターを掲載しました。
2017/9/25

【事例】 NPO法人スモールファーマーズを掲載しました。
2017/9/25

【事例】 株式会社Lean on Meを掲載しました。
2017/8/2

​※第1回目の日程お知らせ【講座情報】市民活動団体講座(レベルアップ講座)受講者募集開始しました!
2017/7/10

【講座情報】CB/SB講座(実践編)受講者募集開始しました!
2017/6/12

【イベント】情報を更新しました
2017/6/1

【講座情報】CB/SB講座(入門編)受講者募集開始しました!
2017/2/28

【モデル事業サポート】サポート報告を更新しました。
2017/1/13

【講座情報】女性チャレンジ応援拠点 出張交流会@大阪NPOセンター 「地域で女性がチャレンジするためのコツ」 受講者募集開始しました!
2016/12/18

【モデル事業サポート】サポート報告を更新しました。
2016/12/8

【イベント】情報を更新しました
2016/11/25

【モデル事業サポート】サポート報告を更新しました。
2016/11/16

【モデル事業サポート】サポート報告を更新しました。
2016/11/4

【モデル事業サポート】対象者が決定しました
2016/9/30

【事例】 株式会社グランディーユを掲載しました。
2016/9/26

【事例】 大家comサポートを掲載しました。

【事例】 NPO法人True Colorsを掲載しました。
2016/9/26

【事例】 NPO法人えがおの樹を掲載しました。
2016/9/10

【事例】 NPO法人どんぐりの会を掲載しました。
2016/8/27

【イベント情報】 ソーシャルビジネスフォーラム2016 参加者募集中です!
2016/7/30

【講座情報】 コミュニティビジネス/ソーシャルビジネス(CB/SB)実践編 受講者募集開始しました!
2016/7/29

【よくある質問】地域でCB/SBをはじめる際の法人格、税務・会計Q&A動画を掲載しました。
2016/7/26

【講座レポート】7月15日 「ヒトを巻込む&育てるチカラを学ぼう!」 を実施しました。

 
2016/7/8

【講座情報】 コミュニティビジネス/ソーシャルビジネス(CB/SB)講座 受講者募集開始しました!
2016/6/26

【イベント】情報を更新しました
2016/5/31

【講座情報】 市民活動団体レベルUP講座 受講者募集開始しました!
2016/5/27

【イベント】情報を更新しました
2016/5/20

【イベント】情報を更新しました
2016/5/9

【イベント】情報を更新しました
2016/3/22

【事例】 Silent Voiceを掲載しました。
2016/3/18

【講座レポート】3月11日 「CB/SBの輪をひろげよう」を開催しました を掲載しました。
2016/3/4

【アイデアチャレンジ!】 サポート経過報告を掲載しました。
2016/3/3

【事例】 いく楽くらぶを掲載しました。
2016/2/19

【講座】参加者募集中!! CB/SB交流会「CB/SBの輪をひろげよう!」
2016/2/9

【アイデアチャレンジ!】 サポート経過報告を掲載しました。
2016/2/5

【イベント】情報を更新しました
2016/2/4

【事例】 NPO法人BBフューチャーを掲載しました。
2016/2/3

【イベント】情報を更新しました
2016/1/28

【アイデアチャレンジ!】 サポート経過報告を掲載しました。
2016/1/27

【イベント】情報を更新しました
2016/1/25

【事例】 (特活)暮らしづくりネットワーク北芝②を掲載しました。
2016/1/14

【事例】 (特活)暮らしづくりネットワーク北芝①を掲載しました。

【イベント】情報を更新しました。

2016/1/13

【事例】 NPO法人南市岡地域活動協議会を掲載しました。
HOME > モデル事業サポート
モデル事業サポート

【和み】サポート報告④

トライアル井戸端食堂を開催中の和みさん。
これまで3回開催してきました。
井戸端食堂ではアンケート調査を行っています。

この日は、アンケート結果の振り返りを行いました。
集計結果からママさんのお困り事が浮き上がってき、多いお悩みや子どもの年齢層が明らかになりました。
また仕事をするならフルタイムが非常に多いことも同時に判明しました。

サービスを提供する対象者の絞込みのためにも、
アンケート結果から浮かび上がる問題を更に深く掘り下げるようにアドバイスを受けました。
 

【和み】サポート報告③

コンサルの時間で検討したことを着実に実行される和みさん。
12月、1月とトライアルの「井戸端食堂」を開催されました。
2回目は食材がなくなるほどの大盛況でした。
一方で反省点もあります。

今回はその反省からスタートです。
すばやく調理もできる植田さんですので、井戸端会議中にも調理に気を取られてしまい、
来られた方とじっくりお話ができないという悩みが出てきました。

その点についての対策を考えたところ、
井戸端会議とお茶会を分けて開催するのが良いのではないかということになり、
次回以降トライしてみることになりました。

2月3月もトライアル井戸端会議を実施するので、
引き続き仲間探しなどもしながら利用者のニーズを探っていきます。

【㈱ソレイユ】サポート報告②

ソレイユの「ちょこワク」事業がママ達の力で自走式に成長していくためのサポートが始まっています。
まずは、実際にちょこワクをしている子育てママたちに事業についての想いや理想をヒアリングしました。

代表、ママさんスタッフ5名が集まってくださいました。
スタッフさんに
・その事業を始めるに至った経緯
・関係者、協力者、顧客
・提供商品、サービス、価値
・特徴、強み(及び見えてきた課題)
などについて各々の価値観や考え方について語っていただきました。

働いているママさんスタッフはいつも意識していないものの、
みなさんの発言を客観的に分析してみるとちょこワクの魅了がたくさん出てきました。
その魅力や強み、意義を大切にしながら、次回以降同スタッフさんたちと共に
①自社サイト運営事業
②自社企画イベント事業(地域活性化取り組み)について
事業の進み方を考えていきたいと思います。

ママさんスタッフたちも、これまで意見交換をする機会が特になかったが
今回外部の人が入り、このような意見交換ができ
新たな発見があったので良かったとの感想がありました。
 

【和み】サポート報告②

「井戸端食堂」として鶴見区内で場所を変えつつ実施することが決定した和みさん。
今回は「井戸端食堂」の目的とニーズ把握についての整理をおこないました。

「つるみのおかんの井戸端食堂」と植田さんにぴったりのネーミングも決定し、
目的は、①活動の告知、②(共感してもらえる)仲間づくり、③資金調達先やその可能性を探ること、と整理ができました。

チラシ作りなど、トライアルとは言えどやることがたくさんあります。
実施日が迫っていているので、当日までの役割分担など、
別途時間を設けて事務局がアドバイスすることになりました。

【㈱ソレイユ】サポート報告①

ソーシャルビジネスプランコンペで「大阪市モデル事業サポート賞」ならびに
「キリン堂賞」を受賞した㈱ソレイユさんもサポートが始まりました!

㈱ソレイユさんが受賞したプランは『子連れでおしごと!「ママのしごとば」ちょこっとワクワク!ちょこっとワーク!ちょこワク!』です。
ちょこワク!とは、「働きたいけど子供の預け先がないため働けない」「子供が小さいうちは一緒に過ごしたい」
また「孤独になりがちな子育て期」のママが【子連れで働くことができる取り組み】です。
特別な託児機能を持たず親と子どもが一緒に働き成長できる事が特徴的です。

今回、この事業の継続性をより強化するために、サポートを活用いただきます。
事業についてより細かくヒアリングしていくと、
・現在担当業務毎に全体を管理してくれているスタッフはいるが、「目の前の業務を効率的に処理する」という感覚である。
・月に一度全員参加の研修はあるが勤務形態の特徴もありスタッフ間のディスカッションの場はあまりない。
といった事が分かりました。
今後ソレイユの「ちょこワク」事業がこれまでの代表者メインの動きではなく、ママ達の力で自走式に成長していくため、
スタッフの想いを共有ながら自分たちでその想いを実現できるよう、スタッフの成長をサポートすることに決定しました。
これから3月まで、事業継続の1つの大事な要素である人材育成の支援をしていきたいと思います。

【和み】サポート報告①

和みさん、いよいよサポートが始まりました!

和みの代表植田さんは、「こども食堂」「コミュニティ農園」「悩み相談」など、
地域のためにやりたいことがたくさんあります。
植田さんは明るく、親しみやすい雰囲気があり、
多くの人の共感を得て夢を実現していく行動力もお持ちのようです。

しかし、事業をスタートしていくには優先順位を決めて1つずつ着実に進めていかなければなりません。
初回の今回は、まずは本事業を取り組むに至った経緯や現在の置かれている現状のヒアリングを行いました。

事業の1つに挙げられていた「子ども食堂」ですが、なぜしたいのか?何の目的なのか?
をつきつめていくと「お母さんたちの気持ちを楽にしたい」という言葉が出てきました。
そこから、植田さんが持っていた一番の問題意識は「お母さんたちの大変さを解消したい。楽にしてあげたい」
であり、一番の対象者は「お母さんたち」だったことが明らかになりました。

そこから、「子ども食堂」ではなくお母さんたちが来やすいように「井戸端食堂」という形態に変更しました。
まずはお母さんたちのお困りやニーズを把握するために、出張型の「井戸端食堂」を開催し、マーケティング調査をすることにしました。
次回は、井戸端食堂の実施計画を一緒に考えます。





 

モデル事業サポート 対象者が決定しました!

ソーシャルビジネスのプランをお持ちの方に継続的な伴走型のサポートを提供するモデル事業サポート。
この度、以下の選考方法によりサポート対象者2事業者が決定しました!
事業者の想いを丁寧に汲み取りながら、事業化の仕組みを作り上げる万全なサポートをしていきます。
  
【選考方法】
①大阪NPOセンターが実施する「ソーシャルビジネスプランコンペ」より選定
②大阪市コミュニティビジネス等促進事業の講座メニューを実施した方より選定
 
【サポート対象者】
選考方法①より
株式会社ソレイユ
選考方法②より
和み
が選ばれました。

これからそれぞれの事業を継続的なものにしてゆくためのブラッシュアップをかけていきます!!



 

モデル事業サポートとは・・・・

コミュニティビジネス/ソーシャルビジネスを事業として大切に育てていくには、継続的な伴走型のサポートが必要です。
通常のビジネスとは異なり「自分たちの住んでいる地域をよくしたい!」「地域や社会の課題を解決したい!」という想いが強く伝わるコミュニティビジネス/ソーシャルビジネス。
サポート対象となった方には、事業者の想いを丁寧に汲み取りながら、事業化の仕組みを作り上げる万全なサポートがついてきます!
 
【対象】
大阪市内においてCB/SBで地域課題解決への取組みを行っている方やこれから行おうとする方
(大正区・浪速区・淀川区は除く)
 
【選考方法】
①大阪NPOセンターが実施する「ソーシャルビジネスプランコンペ」より選定
②大阪市コミュニティビジネス等促進事業の講座メニューを実施した方より選定
 
【選考基準】
「志向性・社会性・事業性・地域性」をベースとし、総合的に判断します。

① 志向性
・自らの問題意識から発した事業である
・理念・使命・ビジョンが明確である
・事業の実現と発展への意欲が高い
② 社会性:
・社会の共感を得て協力者や支援者を獲得している
・社会に現出するまたは未来に想定される問題の解決につながる事業である
③  事業性
・事業の目的・テーマが明確である
・実現の方法、手順が適切である
・収支計画が妥当である
④ 地域性:
・地域資源を循環させている
・地域課題やニーズの把握をしている
・住民参画を促している
 
 
【選定された方には・・・】
コミュニティビジネス/ソーシャルビジネスの実践に向けて長期的なサポートがつきます!


【サポート内容】
●事業計画作成コンサルタント(3回)
●オプションサポート(2回)
●事務局によるメンタリング(2回)
●先輩起業家シャドウイング
●プレゼンテーション報告会(1回)
 
 
このページの上へ