平成29年度大阪市コミュニティビジネス等促進事業コミュニティビジネスポータルサイト

お知らせ

2017/9/30

【事例】 磯路地域活動協議会を掲載しました。
2017/9/28

【事例】 NPO法人緑・ふれあいの家を掲載しました。
2017/9/26

【事例】 NPO法人西淀川子どもセンターを掲載しました。
2017/9/25

【事例】 NPO法人スモールファーマーズを掲載しました。
2017/9/25

【事例】 株式会社Lean on Meを掲載しました。
2017/8/2

​※第1回目の日程お知らせ【講座情報】市民活動団体講座(レベルアップ講座)受講者募集開始しました!
2017/7/10

【講座情報】CB/SB講座(実践編)受講者募集開始しました!
2017/6/12

【イベント】情報を更新しました
2017/6/1

【講座情報】CB/SB講座(入門編)受講者募集開始しました!
2017/2/28

【モデル事業サポート】サポート報告を更新しました。
2017/1/13

【講座情報】女性チャレンジ応援拠点 出張交流会@大阪NPOセンター 「地域で女性がチャレンジするためのコツ」 受講者募集開始しました!
2016/12/18

【モデル事業サポート】サポート報告を更新しました。
2016/12/8

【イベント】情報を更新しました
2016/11/25

【モデル事業サポート】サポート報告を更新しました。
2016/11/16

【モデル事業サポート】サポート報告を更新しました。
2016/11/4

【モデル事業サポート】対象者が決定しました
2016/9/30

【事例】 株式会社グランディーユを掲載しました。
2016/9/26

【事例】 大家comサポートを掲載しました。

【事例】 NPO法人True Colorsを掲載しました。
2016/9/26

【事例】 NPO法人えがおの樹を掲載しました。
2016/9/10

【事例】 NPO法人どんぐりの会を掲載しました。
2016/8/27

【イベント情報】 ソーシャルビジネスフォーラム2016 参加者募集中です!
2016/7/30

【講座情報】 コミュニティビジネス/ソーシャルビジネス(CB/SB)実践編 受講者募集開始しました!
2016/7/29

【よくある質問】地域でCB/SBをはじめる際の法人格、税務・会計Q&A動画を掲載しました。
2016/7/26

【講座レポート】7月15日 「ヒトを巻込む&育てるチカラを学ぼう!」 を実施しました。

 
2016/7/8

【講座情報】 コミュニティビジネス/ソーシャルビジネス(CB/SB)講座 受講者募集開始しました!
2016/6/26

【イベント】情報を更新しました
2016/5/31

【講座情報】 市民活動団体レベルUP講座 受講者募集開始しました!
2016/5/27

【イベント】情報を更新しました
2016/5/20

【イベント】情報を更新しました
2016/5/9

【イベント】情報を更新しました
2016/3/22

【事例】 Silent Voiceを掲載しました。
2016/3/18

【講座レポート】3月11日 「CB/SBの輪をひろげよう」を開催しました を掲載しました。
2016/3/4

【アイデアチャレンジ!】 サポート経過報告を掲載しました。
2016/3/3

【事例】 いく楽くらぶを掲載しました。
2016/2/19

【講座】参加者募集中!! CB/SB交流会「CB/SBの輪をひろげよう!」
2016/2/9

【アイデアチャレンジ!】 サポート経過報告を掲載しました。
2016/2/5

【イベント】情報を更新しました
2016/2/4

【事例】 NPO法人BBフューチャーを掲載しました。
2016/2/3

【イベント】情報を更新しました
2016/1/28

【アイデアチャレンジ!】 サポート経過報告を掲載しました。
2016/1/27

【イベント】情報を更新しました
2016/1/25

【事例】 (特活)暮らしづくりネットワーク北芝②を掲載しました。
2016/1/14

【事例】 (特活)暮らしづくりネットワーク北芝①を掲載しました。

【イベント】情報を更新しました。

2016/1/13

【事例】 NPO法人南市岡地域活動協議会を掲載しました。
HOME > よくある質問
よくある質問

コミュニティビジネス/ソーシャルビジネスの疑問 ずばりお応えします!!

【動画編】
地域でコミュニティビジネス/ソーシャルビジネスをはじめる場合に
よくある質問に対して、各動画で解説しています。

vol1.▶法人格、会計・税務についての基礎知識
vol.2▶資金調達について

 

<質問項目> 以下の順番に掲載しています。

■資金調達に関する質問
 講師:キタバ社会保険労務士事務所 代表 北場好美氏

1.コミュニティビジネス/ソーシャルビジネスにおける資金調達とは?
2.具体的な資金調達の方法とは?
3.資金調達で気をつけたいこと


■法人格に関する質問
 講師:大阪セントラル行政書士事務所 代表 鴨田和彦氏


1.法人格を持つメリット・デメリットについて
2.法人の種類と、違いについて
3.法人格をとる前のプロセスい必要な準備とその期間について
4.法人の種類を切り替えることはできるか
5.地域が法人格を取得する際に、とくに気をつけるべきこと

■会計・税務に関する質問
講師:秋岡税理士事務所 所長 秋岡安氏


6.法人形態別の主な課税の取り扱い
7.法人税法上の収益事業とは
8.任意団体も受託事業に法人税がかかるのか。実費弁償方式とは。
9.介護保険サービスに地域活動協議会が参入する場合、税法上注意すべきこと
10.源泉所得税の税額と納付方法について
11.消費税の課税方式と種類と課税の方法について
12.税務関連の届出手続きと提出先、会計・税務の相談を受けた場合の問合せさきについて。
 

(資金調達に関する質問)資金調達で気をつけたいこと

(資金調達に関する質問)具体的な資金調達の方法とは?

 

(資金調達に関する質問)コミュニティビジネス/ソーシャルビジネスにおける資金調達とは?

 


 

(法人格に関する質問)法人格を持つメリット・デメリットについて


 














 

(法人格に関する質問)法人の種類と、違いについて


 














 

(法人格に関する質問)法人格をとる前のプロセスに必要な準備とその期間について


 














 

(法人格に関する質問)法人の種類を切り替えることはできるか


 














 

(法人格に関する質問)地域が法人格を取得する際に、とくに気を付けるべきこと


 














 

(会計・税務)法人形態別の主な課税の取り扱いについて


 














 

(会計・税務)法人税法上の収益事業とは


 














 

(会計・税務)任意団体も受託事業に法人税がかかるのか。実費弁償方式とは。


 














 

(会計・税務)介護保険サービスに地域活動協議会が参入する場合、税法上注意すべきこと


 














 

(会計・税務)源泉所得税の税額と納付方法について


 














 

(会計・税務)消費税の課税方式と種類と課税の仕方について


 














 

(会計・税務)税務関連の届出手続と提出先、会計・税務の相談を受けた場合の問い合わせ先について


 














 
【記事編】
コミュニティビジネス/ソーシャルビジネスについての基本事項を解説しています。

(よくある質問に対して各項目解説しています)

 
 
「ソーシャルビジネス/コミュニティビジネス」という言葉について、「国の行政情報に関するポータルサイトである政府広報オンラインでは、

“社会的課題の解決に向けて、住民やNPO法人(特定非営利活動法人)、企業などがビジネスの手法を用いて取り組む事業を、
ソーシャルビジネスといいます。”


と、簡潔に定義しています。

ではもう少し詳しく知るために、経済産業省の「ソーシャルビジネス研究会」20084月に公表した報告書を確認してみましょう。
こちらは
ソーシャルビジネス(以下「SB」)についての説明があります。

 
“ソーシャルビジネスとは、
 ・ 様々な社会的課題(高齢化問題、環境問題、子育て・教育問題など)を市場として捉え、その解決を目的とする事業。
「社会性」「事業性」「革新性」の3つを要件とする。
・ 推進の結果として、経済の活性化や新しい雇用の創出に寄与する効果が期待される。
 
「社会性」:現在、解決が求められる社会的課題に取り組むことを事業活動のミッショ ンとすること。
「事業性」:ミッションをビジネスの形に表し、継続的に事業活動を進めていくこと。
「革新性」:新しい社会的商品・サービスや、それを提供するための仕組みを開発したり、活用したりすること。
また、その活動が社会に広がることを通して、 新しい社会的価値を創出すること。 ”


とあります。
 
コミュニティビジネス(以下「CB」)に関しては、経済産業省関東経済産業局において次のように定義されています。

地域の課題を地域住民が主体的に、ビジネスの手法を用いて解決する取り組み」と捉えています。
近年、“ソーシャルビジネス”という言葉が使われるケースが増えていますが、“ソーシャルビジネス”が社会的課題全般の解決を目指すのに対し、
“コミュニティビジネス”はそのうちの地域的な課題に特に着目しています。
従って、“ソーシャルビジネス”は“コミュニティビジネス”を包含する概念ということもできます。


現在、CBSBに含まれるという考え方が主流になりつつあるようで、CB/SBを厳密に定義する必要性が薄れてきているのかもしれません。


 
図:CBとSBの違い
CB/SBでは、地域の課題(社会課題)を一番身近で感じている住民主体で行政や企業の協力を得ながら解決に取り組むことが求められます。
取り組み(活動)にかかる費用は、これまでのように助成金・補助金を頼りにするのではなく、
基本的には自分たちで生み出し、課題解決への取り組みを続けていきます
事業活動の継続性を実現するためには、『地域を経営する』という視点をもち、ビジネスの手法を活用する必要があるのです。

地域課題・社会課題を『市場』と捉え、ビジネスの手法を最大限に活すことができれば、CB/SBが地域社会に根付き、
地域が元気になるほか、これまでとは異なる生き方、仕事のあり方など、新しい価値の創出が期待できます。
 
では、具体的にどのようなビジネス手法で課題解決に取り組めばいいのでしょうか。
さまざまな考え方があり、いろんな手法があると思いますが、最低限以下の3点をおさえる必要があるでしょう。
 
1、事業計画を立てる  (だれに、なにを、どのように届けるのかを明確にする)
2、収益構造を明確にする  (数値目標をクリアにする)
3、PDCAサイクルをまわす  (管理手法を活用する)
・Plan(計画):従来の実績や将来の予測などをもとに業務計画を作成する
・Do(実行):計画に沿って業務を行う
・Check(評価):業務の実施が計画に沿っているかどうかを確認する
・Act(改善):実施が計画に沿っていない部分を調べて処置をする

 
地域の課題解決は、いかに事業性を高め多様な主体と連携・協力を実現させるか、が重要なポイントです。

 

Q1.CB/SBは、どういった背景で生まれたの?

CB/SBの動きは世界的なものです。

大きな流れは1980年代以降、レーガン政権下、サッチャー政権下ではじまったといわれています。
社会保障費の大幅削減が、公的な助成金・補助金に依存してきた米英のNPOに大きな打撃を与え深刻な資金不足に陥ったといいます。
高度成長を経た日本でも同様に、助成金・補助金に頼っていた団体などは、行政コストの増加=財源不足という厳しい現実を突き付けられ、資金不足に悩むことになりました。
 
日本、そして大阪においても

・社会保障費が大きくなりすぎ、その費用を削減する必要がでてきた
・助成金や補助金を主な収入源としていた社会性の強い団体の運営が難しくなった

 
といった問題が顕在化しはじめています。
 
また、もうひとつの背景は、私たちの『ライフスタイルの変化』『価値観の多様化』です。

21世紀に入り、情報インフラの整備、スマホの台頭に代表されるような劇的な変化が次々とおこり、個々人の生活様式を変え、考え方にも大きな影響を与えることになりました。
ライフワークバランス、終身雇用制度の崩壊、自然災害、環境問題、など多くの変動因子がお互いに絡み合いながら問題が複合化しています。
 
そんな社会情勢のなかで、
 
・人口減少(=少子高齢化)に伴うコミュニティ機能の低下の改善
・地域の活性化
・新しいニーズに対応できる仕組みづくり

 
など、より具体的な課題に対応し、地域社会やその経済を活性化するためにはなにをどうすればいいのかが問われはじめました。
その考え方のひとつとしてCB/SBが注目されるようになったのです。


 

Q2.CB/SBは通常のビジネスとは違うの?    ボランティアとも違うの?

これまでのビジネスは利潤の最大化が第一の目的でした。

一方、CB/SBは地域・社会課題を解決するというミッションの達成が最優先されます。

もちろんビジネスなのでCB/SBが継続して事業を推進するためには利益は必要不可欠。
社会性と事業性の両立が必須で、なおかつ事業の自立、継続が課題となります。
 
ボランティア活動は無償を基本としていますが、CB/SBが提供する商品・サービスは有償です。
CB/SBの場合、「顧客」はひとりとは限りません。
また提供する商品、サービスの受益者から料金を徴収できないことも多々あります。
その場合は、第三者(行政、団体、法人、個人など)から資金が提供されることもあります。

 
図:CB/SBの事業モデル例①
図:CB/SBの事業モデル例②

Q3.CB/SBをすることで地域や社会がどう変わるの?

CB/SB事業者が増え、継続した事業活動ができるようになれば、以下のような効果が期待できます。
 
・地域住民が主体的に自らの手で課題を解決しようと、知恵を出し合い労力を提供することで、地域への愛着が生まれ、住民間の結束が固まることで、しいては地域が元気になる
・住民、企業、行政が協力することで、地域コミュニティが活性化する
・問題が解決され、住み心地のよい地域になる
・アルバイト・パートも含め雇用が生まれることで、地域の経済的基盤が安定の方向に向かう
・コミュニティが本来持つべき機能(安心安全な暮らしに必要な相互扶助など)が回復する
地域雇用創造とディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)が実現する
魅力的な地域が増えることで、地方が活き活きする

 

 
参考:事例紹介 特定非営利活動法人ノーベル  http://nponobel.jp/
 
病児保育という事業は、現代の日本社会ではほとんど進んでいません。
特定非営利活動法人ノーベルは、そこを解決すべき社会課題ととらえ病児保育専門の法人を立ち上げました。
例えば母子家庭で子どもが急に熱を出したとしましょう。
病児保育の法人がなければ、お母さんが会社を休んで子どもの面倒をみなければなりません。
雇用形態によっては休みが収入減につながるかもしれませんし、酷い会社では「即クビ」なんてことも。
 
しかし、病児保育の法人があれば、そういった急な子どもの発熱にも対応してくれます。
母子家庭のお母さんには心強いことでしょう。
そういったお母さんたちの雇用を守ること、ひいては日本の国全体の労働力不足への貢献にもつながる可能性があります。
また、スタッフとして病児保育に取り組む保育者も、雇用形態によっては短時間勤務で済み、自身の仕事と生活をうまく両立させることができるかもしれません。
そして、その仕事が前述したような社会課題の解決につながっているのであれば、働く人もうれしくならないでしょうか?
 

こういった取り組みが社会や地域を変えていくのです。
国や自治体からの支援、サポートが少なくなっても困難を抱えた人たちに対して、継続してサービスを提供する仕組みをつくり上げることができれば、持続可能なビジネスに育っていくのです。


 

Q4.CB/SBをするためには、なにが必要なの?

自分の住む地域をよくしたい、住み心地のよいまちにしたいといったパッション・情熱、問題意識がもっとも大切でしょう。

複雑に絡み合った課題はひとりでは解決できません。
CB/SBの中心的役割を担う人は、ネットワーキング(協働)、巻き込み力、ゆるやかなリーダーシップ
お互いを尊重する姿勢(哲学)や倫理規範など自身の人間性を最大限に発揮し、理解者や仲間を増やす必要があります。

また、事業活動の継続性を実現するためのビジネスモデル、スキームの構築(=収益を生む仕組み)も欠かせません。

 



Q5.誰がどういう地域・社会課題に取り組んでいるの?

地域で問題を抱えている当事者やその周りの人が、自らの問題意識や熱い思いをもってCB/SBの事業者となるケースが多いようです。

また一方で、これまでの仕事のあり方に疑問をもち、社会に貢献したい若者や新しい働き方を見つけ、
より豊かな人生を送りたいと考える人などもCB/SBに取り組みはじめ、年々その数は増える傾向にあります。

価値観の多様化が顕在化しているということでしょう。
 
CB/SBは法人格を問わないので、介護や医療など資格が必要な事業以外なら基本的には誰でもはじめられます。
任意団体、NPO法人、共同組合、公益法人、株式会社、個人事業など、さまざまな形態の組織があります。
 
では、具体的な事例をいくつか紹介します。

 
<若者支援>
 ●NPO法人DxP  
http://www.dreampossibility.com/
 
NPO法人スマイルスタイル  http://smilestyle.jp/
 
<病児保育>
 ●NPO法人ノーベル  
http://nponobel.jp/
 
<子育て支援>
 ●NPO法人マイママ・セラピー  
http://www.mymama.jp/

有限会社officeぱれっと  http://palette.cx/
 
 <外国人支援>
NPO法人神戸定住外国人支援センター   
http://www.social-b.net/kfc/

<障がい者支援>
川村義肢株式会社   
http://www.kawamura-gishi.co.jp/
 
 
その他事例は、下記をご参照ください。  http://osakanpo-center.com/cb/jirei

 
さらに詳しくCB/SBについてお知りになりたい方、社会起業家として活動したいという意欲のある方は
CB/SB相談窓口までお気軽にご相談ください。


 

コラム「ソーシャルの氾濫あるいは逆襲?!」

世の中、至る所で『ソーシャル』が渦巻いています。
・ソーシャルメディア
・ソーシャルビジネス
・ソーシャルネットワーク
・ソーシャルイノベーション
・ソーシャルインパクト
・ソーシャルデザイン
・ソーシャルシフト
・ソーシャルゲーム
・ソーシャルランチ
・ソーシャルワーカー
・ソーシャルベンチャー
 
まだまだあるでしょう。ある日のグーグルの検索では、39,100,000件がヒットしました。
 
総務省は、平成18年度情報流通センサスで「この10年で消費可能情報量は33倍になったのに対して、
選択可能情報量は530倍になった」と報告しています。なにか過去との比較自体、もう意味をなさないような・・・。
ある大手新聞の電子版では、1日に約900本の最新記事が配信され、国内・海外を問わずで24時間アクセスできるのだとか。
本当に必要な情報にたどり着くこと自体至難の技だ、⚪︎⚪︎⚪︎リテラシーが不可欠なビジネス環境で・・・。そして『ソーシャル疲れ』に襲われる私たち。
本来、この世にあるすべてのモノ・コトがソーシャルだったはず。
でも、なぜここまでソーシャルという言葉が消費されるようになったのでしょうか。
日本では高度成長期以前、すべてのビジネスがソーシャルなものだったという見解があります。
『ソーシャルの氾濫』は裏を返せば、企業の価値提供が『社会性』の欠如したものになっている現状への問題提議、抵抗なのかもしれません。
インターネットというインフラの普及で、情報格差の是正や一般の市民が自ら情報を発信をする機会が増えたことで、
既存の官・企業と市民の間にあったパワーバランスが逆転現象をおこしているという見方もあります。
いずれにせよ、「ソーシャル⚪︎⚪︎⚪︎」という言葉だけに踊らされず、なにが自分にとって、
また社会にとって大切なことなのか、本質をしっかりと掴みとりたいものです。

 



このページの上へ